小田急線が22年3月にダイヤ改正。日中の新宿~町田間、多摩線などで減便に

小田急 最新型の通勤車両「5000形」
小田急 最新型の通勤車両「5000形」

小田急線は、2022年3月12日(土)にダイヤ改正を実施することを発表しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

日中の新宿~町田間、多摩線などの一般列車の運転本数が減便に

ダイヤ改正により、平日日中(11時~16時頃)の新宿~町田間、多摩線などの一般列車の運転本数の見直しされ減便になるなど、運転本数が見直されます。

東京メトロ千代田線から入線する「準急」は「急行」として向ヶ丘遊園まで運転。新宿発 唐木田行きの「急行」は多摩線内は「各駅停車」で運行される模様です。

また、夕夜間も運転本数が見直され、18時~21時頃に新宿を出発する「各駅停車」を1時間当たり8本から6本に減便に。東京メトロ千代田線から直通する列車も8本から6本に減便され、種別は「準急」に統一されます。

「急行」は終日「経堂」駅に停車とし、経堂・成城学園前での「準急」「各駅停車」との接続を改善し利便性を向上。新宿発 江ノ島線方面の「急行」は「快速急行」に、多摩線方面の「快速急行」は「急行」に変更され、一部運転本数が見直されます。

特急ロマンスカー「モーニングウェイ号」が増発

平日朝方ラッシュ時間帯の座席指定制の特急ロマンスカー「モーニングウェイ号」は3本増発され、町田駅に停車する列車を増えるそうです。

特急ロマンスカーは、運転本数が見直され、新宿~海老名間のロマンスカー(海老名発11時〜16時ごろ)は、現行の46分から38分に短縮されるなど、一部の速達性・利便性向上します。

夕夜間の特急ロマンスカーは、帰宅ラッシュ時間の早期化に対応して、17時以降に出発する下りの特急ロマンスカーを「ホームウェイ号」とし、「メトロホームウェイ号」の運転時刻を1時間繰り上げに。また、22時以降に新宿を出発する「ホームウェイ号」は6本から3本に減便されます。

新宿発の小田原方面「ホームウェイ号」は海老名に、千代田線から入線する「メトロホームウェイ号」は成城学園前に全て停車になるそうです。

藤沢~片瀬江ノ島間は、原則、各駅停車による折返運転のみに変更

藤沢~片瀬江ノ島間は、原則「各駅停車」による折返運転のみに変更されます。(特急ロマンスカー等の一部列車は引き続き直通)。これにあわせ、藤沢駅の相模大野・片瀬江ノ島いずれの方面も「各駅停車」の発着番線を変更。運行定時性を向上するとともに、車両運用の効率化を図るとしています。

新ダイヤの各駅時刻表については、2022年3月上旬頃から小田急HPの「駅・時刻表」などで、特急ロマンスカーの運転時刻については、2022年2月中旬頃からロマンスカーHPにてお知らせするとしています。

あわせて読みたい

SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /