立川まつり国営昭和記念公園花火大会2018が台風12号接近により中止。順延・延期もなし

立川まつり国営昭和記念公園花火大会 公式サイトより

立川まつり国営昭和記念公園花火大会 公式サイトより

2018年7月28日(土)に開催を予定していた「第60回立川まつり国営昭和記念公園花火大会」の中止が発表されました。順延・延期の予定もないそうです。

SPONSORED LINK

台風12号接近による影響

大会公式Twitterによると、7月25日に発生した台風12号が花火大会当日(28日(土))と翌日の予備日(29日(日))を含めて関東地方に最接近、または上陸が予想されることから、やむを得ず花火大会の中止を決定したそうです。

また、有料観覧席のチケット代は8月1日〜15日の期間内に購入した店舗で払い戻しされるそうです。

ここ数日の猛暑から一転、台風の接近ということもあり、大会運営関係者はじめ、楽しみにされていた方には残念ですが、安全面などを考えれば致し方ありません。

来年の立川花火大会を楽しみにしたいと思います。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です