フジテレビドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3、4話に多摩センターが映ります

フジテレビ系列で毎週火曜日21時から放送中のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(ケンカツ)の第3話と第4話に多摩センター駅周辺が映ってます。

SPONSORED LINK

↑多摩センター駅前で撮影された番組公式インスタグラム。

吉岡里帆さん主演の『健康で文化的な最低限度の生活』は柏木ハルコさん原作のマンガ(週刊ビッグコミックスピリッツに連載中)をもとにしたテレビドラマで、新人ケースワーカーの成長を描いた物語です。

7月31日放送の第3話では、生活保護を受ける日下部家の母・聡美(江口のりこさん)を気遣ってバイトしていた高校生の欣也(吉村界人さん)が仲間と路上ライブしているところを主人公のえみる(吉岡里帆さん)が眺めている場所として、多摩センター駅前のペデストリアンデッキが登場していました。

8月7日放送の第4話では、生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実さん)がひとり歩いているシーンに多摩郵便局近くの「ゆうゆう橋」が登場。エンディング付近では、七条(山田裕貴さん)がココリア多摩センター脇を歩くシーンが放送されていました。

見逃し配信のTverでは、第4話が8/14まで無料配信中です。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA