多摩美術大学美術館で沖縄の美術家・真喜志勉さんの足跡を辿る展覧会がスタート

多摩市の多摩美術大学美術館では2020年7月4日(土)から9月22日(火・祝)まで、沖縄の美術家・真喜志勉さんの県外で初となる大規模展覧会「真喜志 勉 TOM MAX「Turbulence 1941-2015」」を開催しています。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

沖縄を拠点に活動した美術家・真喜志勉さん(1941〜2015)の足跡を辿る

同展は沖縄を拠点に活動した美術家・真喜志勉さん(1941〜2015)の足跡をたどる、東京では初めてとなる展覧会です。

沖縄県那覇市生まれの真喜志さんは1964年に多摩市美術大学絵画科油画専攻を卒業。沖縄が本土復帰した直後の1972年にニューヨークへと渡り、ジャズクラブでの皿洗いやトラックドライバーの仕事をしながら、隆盛極めるアートシーンに触れました。その後、沖縄に戻った真喜志さんは絵画教室「ぺんとはうす」を主宰し、ほぼ毎年個展を開催。「TOM MAX」の愛称でも知られていましたが、2015年に急逝されました。

SPONSORED LINK

年代ごとに移り変わる作品・約100点を展示

A室は1970年代〜1980年代の作品が展示

A室は1970年代〜1980年代の作品を展示

展示はA室からD室まで4つの時代ごとに分かれ、時系列に沿って紹介をすることでその足跡をたどります。作風は年代とともに変化を重ねたそうですが、アメリカに対してシニカルな態度を貫きながらも、持ち込まれる文化やイメージに大きな影響を受けていた真喜志さんは、鑑賞者に解釈を委ねる表現の作品も多いです。

D室には晩年の作品も展示

D室には晩年の作品も展示

作品の中にはアメリカ兵や戦闘機など、戦後、沖縄が置かれた社会的な背景を映し出すなど、観るものに訴えかける作品が多くありました。

「真喜志 勉 TOM MAX「Turbulence 1941-2015」」は、多摩美術大学美術館で9月22日(火・祝)まで開催中です。

真喜志 勉 TOM MAX「Turbulence 1941-2015」

会期:2020年7月4日(土)〜9月22日(火・祝)
会場:多摩美術大学美術館(所在地:東京都多摩市落合1-33-1)
休館日:火曜日(※9/22(火・祝)は開館)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
アクセス:多摩センター駅 徒歩7分(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)
入館料:一般300円(20名以上の団体料金は200円)
※障がい者および付添者、学生以下は無料
公式サイト:https://www.tamabi.ac.jp/museum/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA