「中村キース・ヘリング美術館(山梨県北杜市)」で多摩の子どもたちと描いた壁画が展示中

Nakamura Keith Haring Collection
Nakamura Keith Haring Collection

山梨県北杜市にある「中村キース・ヘリング美術館」では、2021年5月15日(土)〜2022年5月8日(日)まで「Keith Haring: 360°」が開催。

10月11日(月)までは、キース・ヘリングさんが東京都多摩市で約500人の子どもたちと描いた壁画《マイ・タウン》、《平和I-IV》(多摩市文化振興財団所蔵)が展示されています。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

《マイ・タウン》《平和I-IV》が展示

My Town, Peace I–IV, 1987, Tama City Cultural Foundation
My Town, Peace I–IV, 1987, Tama City Cultural Foundation

壁画《マイ・タウン》、《平和Ⅰ-Ⅳ》は1987年の「パルテノン多摩」プレイベント時にキースヘリングさんが来日して、東京都多摩市で約500人の子どもたちと描いた作品です。(※《マイ・タウン》、《平和Ⅰ-Ⅳ》展示期間は2021年5月15日(土)〜2021年10月11日(月)まで)

今回は、同館所蔵の資料から1987年のこれらの壁画を描くイベントのために制作された、Tシャツや缶バッジ、記録写真なども併せて展示されるそうです。

SPONSORED LINK

Photo by ©︎Makoto Murata
Photo by ©︎Makoto Murata

展示会ではアーティストであり、美術ジャーナリストの村田真さんが、1982年12月から翌年1月にかけて、ニューヨークでキース・ヘリングさんに密着取材した際の一連の写真群を初公開。

このほかにも、彫刻作品《無題(犬の上でバランスをとる人)》(1989年)や、防水布にペイントを施した絵画作品《無題(KH.200)》(1982年/高知県立美術館蔵)などの作品も展示されるそうです。

ちなみに、現在工事中の「パルテノン多摩」大階段前の工事囲いには、今回展示される壁画《マイ・タウン》のレプリカが今年秋頃まで掲示されています。

パルテノン多摩の大階段前にキース・ヘリングさんが多摩の子どもたちと描いた作品のレプリカが掲示しています

「Keith Haring: 360°」

会場:中村キース・ヘリング美術館(所在地:山梨県北杜市小淵沢町10249−7)
会期:2021年5月15日(土)〜2022年5月8日(日)(※《マイ・タウン》、《平和Ⅰ-Ⅳ》展示期間は2021年5月15日(土)〜2021年10月11日(月)まで)
休館日:定期休館日なし ※臨時休館についてはウェブサイト、SNSにてお知らせいたします
開館時間:9:00〜17:00
入館料:大人1,500円、学生(16歳以上)600円、
障がい者手帳をお持ちの方 600円(同伴者1名同額で入館可)、15歳以下無料、団体(20名以上) ¥1,000 ※各種割引には身分証明書を必ずご提示ください
後援:山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会
協力:キース・ヘリング財団、シミックホールディングス株式会社、高知県立美術館、公益財団法人多摩市文化振興財団
公式サイト:https://www.nakamura-haring.com/

あわせて読みたい

新しい多摩市立中央図書館本館建設による樹木伐採起工式が開催。木は再生利用して「緑の記憶」に

多摩市立図書館 外観

多摩中央公園内の新しい多摩市立中央図書館が今年10月上旬から着工予定

多摩中央公園の園路が電気設備工事のため一部通行止めしています

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA