豊ヶ丘団地にフルリノベ物件が完成!多摩ニュータウン育ちの女性建築家こだわりのポイントは?【多摩ポン不動産PR】

多摩センターエリア(東京都多摩市)を中心に地域密着で、独自の不動産ネットワークや豊富な住宅設計・施工実績を持つ「LIXIL不動産ショップ中央企画」は、新たなデザインリノベーション物件を完成。

今回は多摩市豊ヶ丘3丁目にある豊ヶ丘団地のフルリノベーション物件をご紹介します!

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

豊ヶ丘団地3-3の間取り

豊ヶ丘団地3-3の間取り
豊ヶ丘団地3-3の間取り

まずは間取りから。

多摩市豊ヶ丘3丁目にある「豊ヶ丘団地3-3」は、1978年に建てられた築年数44年の鉄筋コンクリート造5階建の3階にある住居です。今回ご紹介するのは2LDK(専有面積70.92㎡)とバルコニー(約13㎡)付きの物件(2,390万円税込)になります。駐車スペースは月額6,000円があります。

現在、予約制で内覧を受付中です。(お問い合わせ番号(LIXIL不動産ショップ中央企画):042-371-0303)※多摩ポンの記事を見たと伝えると話がスムーズです!

多摩ニュータウン育ちの一級建築士・小野澤 裕子さんがデザインを担当

中央企画株式会社の田岡 浩一郎さん(左)と小野澤裕子さん
中央企画株式会社の田岡 浩一郎さん(左)と小野澤裕子さん(右)

今回のデザインを監修したのは「小野澤裕子建築設計事務所」の代表で、一級建築士の小野澤裕子さん。小野澤さんは、多摩ニュータウン造成期からこの地に住んでいる生粋の多摩っ子です。

この日は、そんな小野澤さんに今回のフルリノベーション物件のこだわりポイントを伺ってきました。

リビング・ダイニングキッチン(約12.87帖)

リビング・ダイニングキッチン(約12.87帖)
リビング・ダイニングキッチン(約12.87帖)

まずは「LDK」(約12.87帖)から見ていきましょう。南向きのリビングは日当たり良好でとても明るいお部屋です。

多摩ポン編集部
フローリングと天井のどちらも木が使われていて、気持ちいい空間ですね!
小野澤
フローリングはお家の印象を決める大事な要素だと思ってまして、どうしてもタモ材を使いたいなと思って選びました。天井はシナ材を使用し、市松模様に仕上げてます
リビング・ダイニングキッチン(約12.87帖)
リビング・ダイニングキッチン(約12.87帖)
小野澤
部屋は照明は調光機能付きのダウンライトにしてあり、明るさも調節できます
多摩ポン編集部
エアコンもついてるのが嬉しいですね
小野澤
部屋のドアはすべて引き戸を採用しています。ダイニングキッチンにつながるこちらのドアは引き込みの引き戸にしています
多摩ポン編集部
お隣のダイニングキッチンとつなげることもできそうですね

ダイニングキッチン(約8.04帖)

ダイニングキッチン(約8.04帖)
ダイニングキッチン(約8.04帖)
小野澤
ダイニングキッチンの中央には、ロシアンバーチ製のワイドなカウンターテーブルを配置しています。横並びで4人は座れるので、忙しい朝は作りたての料理をすぐに出せるし片付けも簡単です
多摩ポン編集部
自然とここに人が集まりそうな大きなテーブルですね。お友だちとパーティするのも楽しそう!
小野澤
システムキッチン側のカウンター下には食器類や電子レンジ、炊飯器、ゴミ箱などを収納できるスペースを作りました
多摩ポン編集部
置く場所が考えられて作られているのがいいですね
小野澤
システムキッチンはタカラスタンダードのホーロー製です。お手入れしやすく傷つきにくいのが特徴で、私も気に入って使っています。キッチンパネルにはマグネットもつくので、包丁やキッチンペーパーなどの収納をくっつけることも出来ます
多摩ポン編集部
食器洗浄機も備え付けられて便利ですね
小野澤
こちらはパントリーとして食品ストックなどをたくさん入れられるように、大きめの収納になっています。棚の下にコンセントを用意したので、ワインセラーや小型冷蔵庫も置く事ができます
多摩ポン編集部
各部屋にコンセントが多いのも特徴ですね

洋室(約7.68帖)

洋室(約7.68帖)
洋室(約7.68帖)
小野澤
以前、和室だった部屋は洋室にしました。主寝室を想定しています。こちらも南向きで明るいお部屋です
小野澤
床の間だったところは、カウンターデスクを設けて、テレワークなどができるワークスペースに対応しました
多摩ポン編集部
ウォークインクローゼットの入るところはアーチ型が印象的でおしゃれですね!
小野澤
アーチ型にすることで柔らかい感じにしました。扉を付けないことで自由に行き来しやすくしています。もちろん後付でロールスクリーンなどを付けることも出来ます

洗面台・トイレ

小野澤
水回りはもともと狭かったのですが、出来るだけ洗面台を広く確保できるリノベーションをしました
小野澤
洗濯機置場のスペースを極力抑えて、排水ホースは下の穴からを出せるように工夫しました
多摩ポン編集部
トイレも引き戸で入りやすいですね。換気窓もあるから清潔に使えそう

バスルーム

多摩ポン編集部
バスルームも広々としてますね
小野澤
こちらの団地が来年あたりに大規模修繕工事が予定されていて、配管が露出してしまう可能性があったのですが、先行配管で給水・給湯管も新規更新して、天井と壁に配管を隠す事でスッキリとした見た目にしています

洋室(約4.0帖)

洋室(約4.0帖)
洋室(約4.0帖)
小野澤
最後は4帖の洋室です。こちらは子ども部屋で想定していますが、ワークスペースとして使用することもできます
洋室(約4.0帖)
洋室(約4.0帖)
小野澤
部屋の壁はすべて、断熱セラミック塗料の「GAINA(ガイナ)」を使用しています。もともとは宇宙開発のロケットの先端に塗っていた塗料を住宅用に改良したもので、断熱や保温、結露に優れている上に熱効率がよく、エアコンも効きやすくて省エネにも繋がります
多摩ポン編集部
セラミックが配合されてて、すごい塗料ですね!うちも冬になると結露がすごいんですよ
小野澤
私の家も北側は結露でカビが生えたりしたんですが「GAINA(ガイナ)」を使用したところ、それが抑えられました。また静電気が起きにくい性質なので、ほこりが付着しにくく空気質改善にも役立って、気持ちよく過ごせます
多摩ポン編集部
こちらの洋室にもウォークインクローゼットがついてて収納はバッチリですね!
小野澤
こちらの豊ヶ丘団地は築44年を迎えていますが、南向きで明るく、団地と団地の間には樹々があるので、目の前の緑がとても気持ちの良い環境です。そんな建物が持つ良さを最大限活かせるようなリノベーションを目指しています

多摩ニュータウンの建物の特徴を知り尽くした小野澤さんだからこそできる、きめ細やかな心遣いが随所に散りばめてあり、とても魅力的なお部屋でした。

物件から徒歩6分のところには大きな池のある豊ヶ丘南公園や「Jsmile八角堂」には「moi bakery」さんなど人気のパン屋さんも近いのも魅力的なこちらの物件は現在、予約制で内覧を受付中です!

YouTube動画での内覧はこちら!

豊ヶ丘団地3-3の詳細はこちら

※すでに入居者が決まっている場合もございます。ご了承ください。

LIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社

所在地:東京都多摩市落合1-7-12ライティングビル1階
公式サイト:https://www.chuo-net.co.jp/

豊ヶ丘団地

所在地:東京都多摩市豊ヶ丘3-3-5-303
構造規模:鉄筋コンクリート造5階建
完成時期(築年月):1978年3月
アクセス:京王相模原線、小田急多摩線、多摩モノレール「多摩センター駅」徒歩18分

あわせて読みたい

SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /