【4/27開催】ベルブ永山で​『四月の永い夢』 の監督トーク付き特別上映会・ロケ地マップの配布も

(C)2017 Tokyo New Cinema/WIT STUDIO

(C)2017 Tokyo New Cinema/WIT STUDIO

2019年4月27日(土)にベルブ永山にて、中川龍太郎監督作品『四月の永い夢』の特別上映会が開催されます。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

国立市で多くのロケを敢行した作品

これはTAMA映画フォーラム実行委員会が毎年11月に開催する映画祭「TAMA CINEMA FORUM」とともに年数回、開催している特別上映会。

今回上映される『四月の永い夢』は、第39回モスクワ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰を邦画史上初めてダブル受賞する快挙をなし遂げた作品です。また、多摩市に近い国立市で多くのロケが敢行されており、多摩地域の方には身近に感じられる風景が映し出されています。
当日は、1回目の上映後に中川龍太郎監督によるトークショーを行われます。

また当日来場すると『四月の永い夢』のロケ地MAP(①東京都国立市ロケーションマップ・②富山県朝日町ロケーションマップ)が進呈されるそうです。(数に限り有り)

【作品紹介】
3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。――喪失感から緩やか に解放されていく初海の日々が紡がれる。

初海の心の光と影をその透明感あるたたずまいでみずみずしく演じるのは『かぐや姫の物語』の朝倉あき。初海に恋する朴訥で 誠実な青年・志熊を体現するのは映画・TV で活躍する三浦貴大。脇を固める高橋由美子 志賀廣太郎 高橋惠子ら実力派俳優陣の心打つ演技、舞台でも活躍する川崎ゆり子。モデルで活躍する青柳文子の新鮮な存在感。

平成という時代が過ぎ去ろうとする今、本作は物質的豊かさをゴールとしない丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望をどこか 昭和的なノスタルジーと共に伝えてくれる。(公式サイトより)

四月の永い夢』TAMA 映画フォーラム特別上映会

開催日時:2019年4月27日(土) ①10:30~12:03 トーク(中川龍太郎監督)12:03 ~12:30 ②13:30~15:03 ③16:30~18:03
※1回目上映中とトークの時間保育サービス実施
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山 5F)多摩市永山 1-5 京王永山駅・小田急永山駅から徒歩約2分
料金:前売・インターネット予約:1,000円(中学生以上)
当日:大人(中学生以上)1,200円、子ども(4歳~小学生)600円
※TAMA映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者1名は当日600円
※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は4月26日(金)まで
インターネット予約:公式サイトをご覧ください https://www.tamaeiga.org/special/bokemasu/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

(C)2017 Tokyo New Cinema/WIT STUDIO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA