東京・南町田 新スヌーピーミュージアムの外観イメージパースとロゴマークが発表。規模は六本木の約2倍

スヌーピーミュージアム外観イメージパース (C) Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアム外観イメージパース (C) Peanuts Worldwide LLC

南町田グランベリーパークに移転し、2019年秋〜冬に再オープンする「スヌーピーミュージアム」の外観イメージパースと新しいロゴマークが発表されました。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

六本木の約2倍の規模となる新スヌーピーミュージアム

六本木の約2倍の規模となるスヌーピーミュージアムは、これまでと同じくシュルツ美術館(米カリフォルニア州)の公式サテライトとして、ピーナッツやスヌーピーの魅力を貴重な原画や資料で紹介されます。

館内には充実した常設展示室や専用のワークショップルームでは、自分だけのスヌーピーが作れるほか、ミュージアムショップでは、この場所でしか手に入れることのできないオリジナルグッズが販売。隣接するアネックスにはピーナッツカフェも併設されます。

館外では、緑あふれる環境を活かした多彩なアクティビティを提供されるなど、ミュージアムは新しく生まれかわります。

ロゴマーク (C) Peanuts Worldwide LLC

ロゴマーク (C) Peanuts Worldwide LLC

新しいロゴマークはミニマルで都会的だった六本木のロゴに対し、公園やピクニックの楽しさをイメージしたデザインで、3つの頭文字「SMT」を強調しているのが特徴です。大きな公園に隣接するミュージアムの壁面には、新しいロゴマークがあしらわれる予定です。

「スヌーピーミュージアム」概要

延床面積 約2,600㎡+カフェ約200㎡(アネックス)
企画協力 チャールズ M. シュルツ美術館(アメリカ、カリフォルニア州)
開館予定 2019年秋〜冬

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

スヌーピーミュージアム外観イメージパース (C) Peanuts Worldwide LLC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA