アド街ック天国「相模原 橋本」で紹介されたお店・スポットまとめ

アド街ック天国「相模原 橋本」で紹介されたお店・スポットまとめ

2019年9月14日(土)にテレビ東京系で放送された「出没!アド街ック天国」は「相模原 橋本」でした!

JR横浜線、JR相模線、京王相模原線と3路線の終着駅となっている「橋本」は、2027年に開通予定のリニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」が橋本駅の南側に誕生予定ということで、今後大注目のエリア。世界に誇る企業がたくさんあり、世界が注目するアーティストが集まる街、さらにゲストで出演してたスーパーモデルの冨永愛さんの出身地です。

番組内で発表されたランキングをまとめてみましたので、番組を見逃してしまったという方も是非ご覧ください。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

橋本 相模原ランキング20

第20位 相模原のビッグシティ

地元民にとっての街の自慢は「相模原市の中心」や「ランドマーク的なところ」という声が多数あつまることから「相模原のビッグシティ」が第20位。

橋本からは新横浜、茅ヶ崎、新宿へ乗り換え無しで行けるなど、相模原一の好アクセスな駅です。更にリニア中央新幹線が開通すれば、鬼に金棒!

リニア新駅「神奈川駅(仮称)」のすぐ近くには高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」がオープン。行列を作るほどの人気になっています。

第19位 味ん味ん 橋本店

相模原市内を中心に21店舗を展開している焼肉の「味ん味ん」が第19位。

A4・A5ランクのお肉がリーズナブルで食べられる同店。常連さんは千切りキャベツ(108円)をお肉で巻いて食べるそうです。

第18位 小山公園 ニュースポーツ広場

橋本駅の南側に様々なスポーツが楽しめるスポット「小山公園 ニュースポーツ公園」では、東京2020オリンピックの追加種目にもなっているスケートボードのエリアがあり、オリンピックの強化選手もここで技を磨いたそうです。

SPONSORED LINK

第17位 美大のゴールデントライアングル

多摩美術大学(八王子市)、東京造形大学(八王子市)、女子美術大学(相模原市)と3つの美大に囲まれている橋本。

トンネルの中では美大生が描いた壁画があったり、「定食屋 檸檬」では、アーティスティックなメニュー表も多摩美の卒業生の方が描いています。美味しそうに描かれたオムライス(930円)がすごく評判がいいそうです。

第16位 気づいたら橋本

深夜になると終電を乗り過ごして橋本駅に漂着してしまった人が続出。

東横線で乗り換えるつもりだった人や、都営新宿線でそのまま橋本駅まで来てしまった人はがっくりと肩を落としてました。

第15位 子供に嬉しいスポット

ごみ焼却施設を活かした相模原の市営プール「LCA国際小学校北の丘センター」では、流れるプールやウォータースライダーが人気。子どもは250円(大人は500円)という入場料も好評です。

食育・体験レストラン「栗の里 相模原インター店」では「お肉3兄弟(1,393円)」 や「お子様ハンバーグセット(おもちゃ付き 853円)」が人気。お子さんは無料で金魚すくいも出来るそうです。

第14位 橋本五差路

かつては渋滞の名所でしたが、平成10年に立体交差化しました。

ちなみに「橋本」という地名は、武蔵野国と相模国の間に境川が流れ、その2つの国をつないだのが「両国橋」でした。「両国橋のたもと」から「橋本」という地名になったそうです(※諸説あり)

江戸・明治期は養蚕業が盛んになり、生糸を運ぶ横浜鉄道(現在のJR横浜線)が橋本に開通しました。その後、交通の要所となって発展した橋本は2027年のリニア新駅開通で新たな歴史を刻むことになりそうです。

第13位 よしの食堂

創業およそ半世紀の「よしの食堂」のメニューは和洋中100種類以上あり、ラーメンは486円、人気のニラレバ炒め(ご飯・味噌汁付き)は864円。

特製スパイスが入ってパンチの効いた、オリジナルメンチカツ(ご飯・味噌汁付き)は756円も人気の一品です。

第12位 ミートショップ寿々木

行列ができる「ミートショップ寿々木」が第12位。

相模原市食肉共同組合の副理事長を務める店主の鈴木さんのおすすめは「生粋かながわ牛」というブランド牛。デパートよりも格安でおいしいお肉なんだそうです。

第11位 神奈川県立相原高等高校

リニア新駅予定地にあった神奈川県立相原高等高校は今年4月に移転。

ちなみにゲストで出演していた冨永愛さんの母校は「神奈川県立橋本高等学校」。当時17歳だった冨永さんは橋本高校の制服のまま「VOGUE JAPAN」の撮影に臨み、その一枚がスーパーモデルへの第一歩となったそうです。

第10位 アートラボはしもと

相模原市と近隣の美術大学が提携した「アートラボはしもと」が第10位。

美大生の活動の場を応援していて、その中のひとつ「クンストハウス」では、金属造形作家の内田 望さんや彫刻家の中村 萌さんといった海外でも注目のアーティストが活動中。

10月に開催されるスーパーオープンスタジオでは、1回500円で回せるガチャガチャが設置され、おふたりの作品が入っているそうです。

第9位 オギノパン&パンパティ

相模原市内の小学校の給食に出てくるのは津久井に本社工場がある「オギノパン」。 今年6月には橋本駅近くにオギノパンカフェがオープン。あげぱん(120円)などが食べられます。

幹線道路沿いにある「パンパティ」では、100種類以上のパンが販売。

1番人気は一晩寝かした「牛肉ゴロゴロカレーパン(162円)」。今年5月には8時間に売れたカレーパンの最多個数でギネス世界記録(5947個)を達成したそうです。

第8位 ロードレースのオリンピックコース

東京2020オリンピックの自転車ロードレース競技のコースにもなっている橋本。もちろん無料で観戦可能です。今年7月21日はテストイベントが開催され、本番のような熱気に包まれました。

東京2020テストイベント「READY STEADY TOKYOー自転車競技(ロード)」を観た感想&結果速報

第7位 鮎

橋本駅から車で約30分、大島地区には相模原の母なる川「相模川」があり、6月1日からは鮎漁が解禁。多くの釣人がやっています。

「川魚料理 やまもと」では、鮎の贅沢セット(4,320円※10月末まで)が人気。中でも3日間煮込んだ「鮎の甘露煮」は鮎のうまみが詰まっています

第6位 酒まんじゅう

明治25年創業の「高尾屋本店」では、夏のおやつとして「酒まんじゅう」が定番。お盆やお祭りには必ず出るそうです。

「志美津屋」も酒まんじゅうが名物の和菓子店。橋本高校の元教員で歌人の俵万智さんは『サラダ記念日』の中でこちらのお店をことを詠んでいます。

気にスポ

気になるところにスポットを向ける「気にスポ」では、謎のビルにある「HK LOUNGE」というお店を訪問。

奥にはステージがあり、イベントやパーティの合間に週一でランチやディナーをやっているという不定期営業のお店。

「ミステリーランチ」という名の日替わり定食で「豚の角煮」が紹介されてました。さらに店の奥にあるスタジオでは、ベリーダンス教室など、様々なイベントが開催されていました。

第5位 アリオ橋本

工場跡地に2010年にオープンした巨大ショッピングモール「アリオ橋本」。

2階デッキにあるBBQコーナー「デジキューBBQテラス」は、食材持ち込み自由とあって、1階のイトーヨーカドーでは、BBQ食材コーナーが充実しています。

第4位 世界に誇るメーカー

「村春製作所」では「傘ぽん」を作っていたり、「オハラ」はアポロ計画にも使われた「六分儀」に同社のガラスが使用されるなど、世界に誇るメーカーが橋本に集まります。

三菱重工業 相模原製作所では戦車など特殊車両やエンジンなどを開発・製造。同じ敷地内では三菱重工のラグビーチーム、ダイナボアーズがあります。選手の皆さんは時に駅前で清掃活動をしています。

第3位 橋本神明大神宮

街の鎮守さま「橋本神明大神宮」は永禄12年(1569)の創建。

毎年8月には橋本七夕まつりが開催されます。

第2位 相模川

相模川が第2位。

相模川自然の村公園では、江戸中期に建築された神奈川県指定重要文化財「旧青柳寺 庫裡(くり)」が無料で見学出来ます。

公園となりにある水産技術センター 内水面試験場(見学無料※一部見学要予約)では、淡水魚の生態系調査・環境保全などが行われていて、国の天然記念物のミヤコタナゴ(絶滅危惧種)を自然に還すための研究が続けられていました。

第1位 2027年リニア開通

8年後にはリニア中央新幹線の新駅「神奈川県駅(仮称)」が誕生する橋本。

時速500km以上の速さを誇るリニア中央新幹線。完成すれば品川〜橋本間を最短10分、ゆくゆくは品川〜大阪間を60分ちょっとで結ぶそうです。

アリオ橋本には地元小学生が考えた2027年の橋本をイメージした模型が展示され、橋本駅はレインボーカラーで彩られていました。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

アド街ック天国「相模原 橋本」で紹介されたお店・スポットまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA