米アカデミー賞作品賞『パラサイト 半地下の家族』の上映館が2/14から拡大。多摩エリアで観られる劇場は?

 

パラサイト 半地下の家族

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

第92回アカデミー賞で作品賞をはじめ、最多4部門に輝いた韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の上映館数が拡大。2020年2月14日(金)からイオンシネマ シアタス調布やイオンシネマ多摩センターでも上映がはじまります。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

米アカデミー賞作品賞ほか最多4部門を受賞

ポン・ジュノ監督作品の『パラサイト 半地下の家族』は、昨年の第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞後、アメリカでも話題になり、2月9日(現地時間)に開催された第92回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を制覇しました。英語以外の映画が作品賞を受賞したのは史上初となり、大変話題となっている作品です。

【あらすじ】
全員失業中。日の光も、電波も弱い“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家。大学受験に失敗し続けている長男ギウは、ある理由からエリート大学生の友達に家庭教師の仕事を紹介される。身分を偽り訪れた先は、IT企業を経営するパク社長一家が暮らす“高台の大豪邸”。思いもよらぬ高給の“就職先”を見つけたギウは、続けて美術家庭教師として妹ギジョンを紹介する。徐々に“パラサイト”していくキム一家。しかし、彼らが辿り着く先には、誰にも想像し得ない衝撃の光景が待ち構えていた―。ツイストを効かせながら猛烈に加速していく100%予測不能な展開。喜怒哀楽、全ての感情が揺さぶられる、唯一無二の最高傑作が誕生した!(公式サイトより)
2019年製作/132分/PG12/韓国
原題:Parasite
配給:ビターズ・エンド

SPONSORED LINK

今年1月10日から主にTOHOシネマズ系で上映していましたが、この受賞を受けて、2月14日(金)からは上映館数が大幅拡大。イオンシネマやMOVIXなどの映画館でも上映がはじまります。

『パラサイト 半地下の家族』多摩エリアの上映劇場

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

パラサイト 半地下の家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA