永山駅前の「拉麺福徳」と「瞬彩」が2/14(日)で閉店。32年間ありがとうございました!

小田急・京王「永山」駅前のラーメン店「拉麺福徳 永山店」さんと、そのお隣の「旬彩 永山店」さんが2021年2月14日(日)をもって閉店となるそうです。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

2/14(日)で閉店…

それぞれの店頭前には閉店のお知らせが掲示してありました。

どちらの店舗も平成元年(1989年)にオープン。スーパーマーケット「Santoku」を手掛ける株式会社三徳の外食事業部として、約32年間営業されていました。

お知らせにはコロナウイルスの影響を受け、営業努力を続けるも事業の継続が困難となったとの記述もあり、コロナ禍で飲食業が大きな打撃を受けているということを、まざまざと感じさせます。

SPONSORED LINK

「拉麺福徳 永山店」さんは豚骨をベースとしたラーメンがリーズナブルな価格で食べられるお店。「旬彩 永山店」さんは、夜は居酒屋として、昼はミルフィーユとんかつや唐揚げ、ロースステーキなどが定食で食べられるお店。お料理をテイクアウトすることもできました。

駅前のお店がこうして閉店してしまうのは本当に寂しい限りです。32年間ありがとうございました!

拉麺福徳 永山店・旬彩 永山店

所在地:東京都多摩市永山1-3-2
ホットペッパー:拉麺福徳 永山店旬彩 永山店

あわせて読みたい

ミスタードーナツ小田急永山ショップが12/10(木)で閉店。33年間お疲れさまでした!

牛角 多摩センター店が12/27で閉店していました→3月中旬にリニューアル

麺屋三足 聖蹟桜ヶ丘店が12/27(日)で閉店するそうです

スポンサードリンク

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA