南町田グランベリーパークが11月に開業。12月にはスヌーピーミュージアムがオープン

「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ

「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ

東急田園都市線の「南町田駅」直結の商業施設「南町田グランベリーパーク」が2019年11月に開業(まちびらき)することが発表されました。同年12月には「スヌーピーミュージアム」がオープンします。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

モンベル、スノーピークなど約230店舗が出店

南町田グランベリーパーク」は、東急田園都市線「南町田駅」の南側に広がる鶴間公園と旧グランベリーモール跡地を中心とする約22haもの広大な敷地を擁するまちづくりプロジェクトです。アウトレット、飲食・食物販、サービスなど約230店舗のお店が軒を連ねます。

注目は日本最大級の売り場面積(約2,250㎡)をもつ「モンベル」。登山用品などのモンベル製品のほか、ファクトリー・アウトレット商品が充実し、クライミング体験用のウォールや、カヤック試乗のための人工池を常設されるそうです。

アウトドア総合メーカーの「スノーピーク」は日本で2店舗目となるカフェ「Snow Peak Eat」を併設した複合店舗を出店。

町田市唯一のシネコンとなる「109シネマズグランベリーパーク」は最新鋭の上映システムを導入した映画館。セガが手掛けるキッズ向け施設「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」はEテレの人気番組『いないいないばあっ!』『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』の世界を体験できる日本最大級の施設となります。

また、11月のまちびらきに合わせて、商業施設の全店舗と公園、およびパークライフ・サイトの「まちライブラリー」、カフェ、子どもクラブが開業します。

SPONSORED LINK

12月にはスヌーピー・ミュージアムがオープン

スヌーピーミュージアム外観イメージパース (C) Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアム外観イメージパース (C) Peanuts Worldwide LLC

12月には商業施設と公園の中間に位置するパークライフ・サイトに「スヌーピーミュージアム」がオープン。六本木の約2倍の規模となるこのミュージアムは、シュルツ美術館(米カリフォルニア州)の公式サテライトとして、ピーナッツやスヌーピーの魅力を貴重な原画や資料を紹介。隣接するアネックスにはピーナッツカフェも併設されます。

追記:開業日・テナントが発表されました!

「スヌーピーミュージアム」概要

延床面積 約2,600㎡+カフェ約200㎡(アネックス)
企画協力 チャールズ M. シュルツ美術館(アメリカ、カリフォルニア州)
開館予定 2019年12月

「グランベリーパーク(GRANDBERRY PARK)」概要

所在地 東京都町田市鶴間三丁目3-1、4-1 他
敷地面積 約83,000m2/延床面積 約151,000m2
店舗面積 約53,000m2/店舗数 約200店
駐車場 約2,100台
着工 2017年5月9日
設計 株式会社東急設計コンサルタント
施設デザイン 株式会社LLT(ラグアルダ・ロウ・棚町建築事務所)
ランドスケープデザイン Fd Landscape

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA