作品賞『万引き家族』特別賞が「カメ止め!」スタッフに【第10回TAMA映画賞受賞作品・受賞者が発表!】

2017年TAMA映画賞授賞式

昨年(2017年)TAMA映画賞授賞式より

2018年11月17日(土)から25日(日)まで、東京都多摩市内の3会場4スクリーンで「第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM」が開催されます。2018年度、国内映画賞のトップバッターとなる「第10回TAMA映画賞」の受賞作品と受賞者がこの度、発表されました。

SPONSORED LINK

TAMA映画賞とは?

TAMA映画賞は国内映画賞のトップを飾る映画賞です。

多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢を見せてくれる活力溢れる《いきのいい》作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する市民による映画賞です。

2018年11月17日(土)には東京都多摩市にある「パルテノン多摩大ホール」にて第10回TAMA映画賞の授賞式が開催されます。

それでは発表された今年度の受賞作品と・受賞者をご紹介します!

最優秀作品賞[本年度最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰]

  • 『万引き家族』(是枝裕和監督、及びスタッフ・キャスト一同)
  • 『寝ても覚めても』(濱口竜介監督、及びスタッフ・キャスト一同)

『万引き家族』は多摩市でも撮影が行われました。

映画『万引き家族』のワンシーンが多摩市で撮影された模様です。そのロケ場所は?

特別賞[映画ファンを魅了した事象に対し表彰]

  • 沖田修一監督、及び山﨑努・樹木希林はじめスタッフ・キャスト一同(『モリのいる場所』)
  • 上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同(『カメラを止めるな!』)

最優秀女優賞[本年度最も心に残った女優を表彰]

  • 安藤サクラさん (『万引き家族』『DESTINY 鎌倉ものがたり』)
  • 松岡茉優さん(『勝手にふるえてろ』『万引き家族』『ちはやふる -結び-』『blank13』)

最優秀女優賞に輝いた松岡茉優さんは第8回TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を受賞以来、2年ぶりの受賞です。パルテノン多摩・小ホールではトークショーイベントも開催されました。

松岡茉優「雪辱の多摩」『桐島、部活やめるってよ』での撮影秘話を語る【第26回TAMA CINEMA FORUM2日目】

最優秀男優賞[本年度最も心に残った男優を表彰]

  • 東出昌大さん (『寝ても覚めても』『菊とギロチン』『パンク侍、斬られて候』『OVER DRIVE』『予兆 散歩する侵略者 劇場版』)
  • 松坂桃李さん (『孤狼の血』『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』)

新進監督賞[本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰]

  • 今泉力哉監督 (『パンとバスと 2 度目のハツコイ』)
  • 三宅唱監督(『きみの鳥はうたえる』)

最優秀新進女優賞[本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰]

  • 深川麻衣さん (『パンとバスと 2 度目のハツコイ』)
  • 伊藤沙莉さん (『榎田貿易堂』『パンとバスの 2 度目のハツコイ』『寝ても覚めても』『blank13』)

最優秀新進男優賞[本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰]

  • 吉沢亮さん(『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ママレード・ボーイ』『悪と仮面のルール』『レオン』『斉木楠雄のΨ難』)
  • 吉村界人さん (『モリのいる場所』『悪魔』『サラバ静寂』『ビジランテ』)

チケットは10/4(木)12:00から販売開始

11月17日の第10回TAMA映画賞授賞式をはじめ、「第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM」のチケットは10月4日(木)から「e+(イープラス)」にてプレオーダー受付開始。一般発売は e+ほか多摩市内の販売所にて 10/28(日)より発売予定です。

同映画祭の授賞式は毎年、受賞俳優や監督が駆けつけます。今年の登壇者も分かり次第お伝えします。

市民が作る「第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM」は2018年11月17日(土)から25日(日)まで開催されます!

授賞式のレポートはこちら!

第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM

会期:2018年11月17日(土)〜25日(日)(11/19は休映)
第10回 TAMA 映画賞は11/17(土)パルテノン多摩大ホールにて授賞式を開催
会場:パルテノン多摩大ホール・小ホール
(小田急多摩線/京王相模原線/多摩都市モノレール多摩センター駅より徒歩5分)
ベルブホール(小田急多摩線/京王相模原線永山駅より徒歩2分)
ヴィータホール(京王線 聖蹟桜ヶ丘駅(西口)より徒歩2分)
公式サイト:http://www.tamaeiga.org/

昨年の授賞式レポート

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA